健康対策で重要!人間ドックの内視鏡検査について

内視鏡検査とはどんな方法か

ハイビジョンカメラを使って大腸や胃の中を調べるのが、内視鏡検査です。がんなどの大病を早い段階で発見するために大きな力を発揮します。人間ドックで実施される内視鏡検査は大腸と胃ですが、胃内視鏡検査が標準のプランとして行われることが多いです。この他、小腸や胆内なども検査することが可能ですよ。カメラの部分にレーザーを使用したレーザー胃カメラが出ているのも特徴で、画像がより鮮明になったことにより精度がアップしています。

胃カメラはどのような手順で行われるか

経口内視鏡を行う場合、まず全身の状態を調べて感染症がないかも確認します。その後、前日の夜9時以降は絶食をして当日も検査が終了するまでは水だけにしましょう。そして、発泡剤を飲んだ後にスプレー式やジェル状の麻酔を喉に行って、鎮静剤を注射することになります。このような準備をした後に検査台に横になってマウスピースをつけ口から内視鏡を挿入して検査開始です。力はできるだけ抜いて、ゲップを我慢するのが大事ですよ。

鼻からもできる内視鏡検査

人間ドックで行われるメニューの中でも大変なことで知られている胃カメラですが、負担が少ない経鼻内視鏡が現在増えています。カメラのチューブを鼻から挿入する方法で、吐き気がおこりません。口がふさがれていないので検査をしている最中でも話すことができますよ。また、とても細いチューブを使っているので痛くないこともメリットです。このような内視鏡検査を行っているクリニックを選ぶ場合は、経験が豊富な医師が在籍している所を選ぶようにしましょう。

人間ドックを横浜で受診するなら、市内の病院で受診するとよいでしょう。横浜市内の医療機関では、人間ドックを受診できる医療機関が多数あるので、問い合わせてみるとよいでしょう。