太陽光発電は技術革新が期待されるので有望

決して高コストではないが

太陽光発電は、ドイツでもスペインでも失敗したから頼りにできない、と否定的に言われることもありますが、先駆者は、申し訳ないけど捨て石、って側面もありそうな気がします。別に太陽光で発電できなかったわけじゃなし。それどころか発電量が増えすぎて困ってしまった、ということで、太陽光発電の技術とか方法自体が難ありってことではないんです。送電線が未整備の発展途上国では、太陽光発電は最も安価なエネルギーです。運用の問題ですよ。

さらなる技術革新も期待できる

太陽光パネルの発電効率はずっと横ばいでしたが、日本で太陽光発電が国ぐるみで推進されるとなったとたんに、跳ね上がりました。世界的にです。頭のいい人たちがこの分野に結集してその気になれば、かくも劇的に発電効率は上がるものなんですね。まさに必要は発明の母、です。太陽光は今もこれからも、同じように降り注ぐのですから、このペースで技術革新が進んでいけば、コストはさらに下がり、採算が合う発電方法になるものと期待できるでしょう。

買取価格が下がっても

太陽光発電システム導入費用の低下にとともに、買取価格も下がってきていますが、両方とも下がるなら、消費者負担は少なくなるわけなので、めでたいことでしょう。買取価格が下がったことで、太陽光発電会社が撤退しなくても済むよう、さらなる技術革新と低価格化が望まれます。スペインとドイツの例を見て、教訓を生かし、なんとかうまく回っていってほしいですね。現時点では、高利回りが期待できるとする投資商品がかなり出ています。

太陽光発電投資の重要性を把握するうえで、環境への負荷の少ない発電方法を調べておくことがポイントとなります。